吉田眼科医院

吉田眼科医院 一般眼科診療 コンタクト診療 基本眼科検診 白内障治療 大阪市 阿倍野区


HOME»  OCT(光干渉断層計)について

OCT(光干渉断層計)について

OCT(光干渉断層計)について

網膜断層解析装置
カールツァイス OCTスキャナー
-網膜(黄斑部)疾患・緑内障の早期発見・早期治療のために-

 

網膜は眼球内で最も重要な働きをする組織です。
網膜剥離、糖尿病網膜症、黄斑浮腫、黄斑円孔、加齢黄斑変性などの疾患により網膜や網膜の中央にある黄斑部に異常をきたすと、視力が低下したり物が歪んで見えたり、視野が欠けたりなどの障害がでてきます。
網膜疾患の発見が遅れると元の視力や視野を取り戻すことが難しくなります。

当院では、眼内のCTスキャンともいえる断層解析装置、OCTを導入しました。
これによって発見が難しかった網膜深層部の病気の早期発見が可能となります。
また、視神経乳頭とその周囲の形状解析によって緑内障の早期発見に役立ちます。
本装置による検査は薬剤を使わず、また眼に触れずに検査しますので安全で痛みもありません。

 

網膜断層解析装置

 

網膜断層解析装置